+ONE サポート校通学コース

通信制高校|サポート校通学|不登校を卒業

自分らしく、思いっきり高校生活を楽しみたい

自分の自由な時間を最大限に活かし、3年間で確実に高卒資格を目指すコース。
通信制高校の課題レポート、メディア学習等を自分一人で管理するのはなかなか大変です。

きめ細やかなマンツーマン指導を含めた「学習サポート」は卒業後の自分にとって、きっと役に立つことでしょう。


高校卒業資格+ONE
このプラスワンがサポート校にはある!

通信制高校|自由登校|愛知|豊田通信制高校|勉強


通信制高校全ての要素を管理・サポート

レポートの提出期限は年6回。また通常スクーリングは月2回~志摩賢島本校へ出校しないといけませんが、サポート校に通うことで年1回3泊4日の集中スクーリングでOK。

自由な時間を活かせる

サポート校では、自由登校を取り入れています。いつでも、登校したい日、時間、曜日に来てください。これは、決して簡単な事ではありませんが、自分に必要な通学日や回数などは次第に自分で感じ実行できるようになります。

可能性は無限大

通信制高校の大きな特徴を利用して、自分のやりたいことを極める様々なチャレンジが可能。短期間集中で全ての要素を早めに終わらせ難関大学受験の勉強に取り組んだり、芸能活動やスポーツに集中したり海外留学を経験し自分の進路を考えてみたり可能性は無限大!


こんな生徒が頑張っています

通信制高校|アルバイト|バイク|留学


《生徒・保護者の声》

●生徒の声
私は以前、先生も学校も嫌いでした。「またこの学校も前と同じなんだろう」と思っていました。しかし、学院に通いはじめてその気持ちはなくなりました。先生たちも友達感覚で話すことができるし、悩んでたら相談にのってくれるし。友達もたくさんできて、時にはケンカすることもあるけど、飾らない自分でいられる毎日が今は楽しいです。

不登校から卒業

●卒業生の声
一度、公立高校に進学した後にすぐに辞めて、1年後に入り直したのが代々木高校でした。当時とくに夢も目標もなく過ごしていたのですが、教室においてあったmacが目に留まりました。一見するとカラフルなTVみたいなmacで映像の編集ができるという事実を知り、その後映像制作にのめり込むこととなります。それが今や職業となり、自分を支えてくれることになるとは。代々木高校に入学して本当によかった。

通信制高校|卒業生

●保護者の声
中三で不登校になり、心身ともに傷つき疲れ果てた息子の高校進学。代々木でも平坦ではありませんでしたが、学校が息子にとってかけがえのない居場所に変わりました。人格を尊重してもらい、愛情深く、何があっても見捨てない。そして認めてくれる。卒業時の息子の姿は、力強く堂々としていて、まるで別人のようでした。

不登校|卒業|保護者の声


一人一人に寄り添った指導や支援によって、生徒が社会を生き抜く力を身に付け、自らの将来を切り拓いていく手助けをすることがサポート校の役割です。
自分自身を高め、自分の考え方や、視野を広げるために学んでいく。
そう気づけたとき、キミの心は晴れていきます。